いらっしゃ~~いっ♪ ( ^‐^)_且~~ 鶴ヶ城へ。

赤レンガの天守閣が美しく、立派にそびえ建つ「新鶴ヶ城」は黒瓦だったのを、明治時代

前にもどし、平成22年~改修、平成23年完了致しました。

【荒城の月】

詩人[土井晩翠)がこの「鶴ヶ城」の石垣の上に立って、構想ねったと伝えられこの詩に

{滝 廉太郎」が曲をつけてと言われています。(S、22年建)


【金の鯱鉾】

雄、雌一対の鯱鉾は、高さ1,5m。 又、この地方は温泉地の為、鱗がさびないように

青銅漆を塗った上に、銀のウロコ、154枚を張り付け、さらに三重のさび止めの
メッキがして有ります。

中心は金メッキ、雄が10枚。雌が14枚、目のふちも金のくまどりがしてあり、目の中心

一二00万円と言われてます、2カラットのダイヤがはめこまれています。

他に城跡には、[追手門」 「太鼓門跡」が御座ます





                                                                                  

この記事へのコメント

鶴ヶ城は二十数年前にツアーで行きました。懐かしい。
2014年04月12日 00:55
大震災・原発とか悲しく・悔しい現実が被災された方々だけでなく、広く日本を覆っていますが、新しい発想の転換期だと気持ちを切り替えて、共々に頑張りましょう。by おっちょこタカナ

この記事へのトラックバック